2012年05月07日

ハイドロカルチャー

ハイドロカルチャーとは土使わない植物の栽培方法のこと。

言葉の意味はハイドロ(水)+カルチャー(栽培)で、水栽培とは違うらしい。

このハイドロカルチャーは土の代わりに、ハイドロボールという粘土状の土を1200℃

前後の高温で焼いたもので、中が多孔質になった人口の軽石をつかいます。

ハイドロカルチャー基礎の詳しく書いてありますので、初心者は必見ですね。

わたしは、モンステラが好きです。

posted by 健康館 at 23:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。